社会活動レポート

■環境共生空間の保全・創出

■新・自然産業の振興
●とくしま環境県民会議 カーボン・オフセット推進チーム(旧カーボン・オフセット推進検討会)
http://www5.pref.tokushima.jp/kankyo/article/0000538.html
・役員
 (1)委員長:鎌田 磨人(徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部教授)
 (2)副委員長:石田 和之(徳島大学大学院総合科学教育部准教授)
・構成員(20会員)
  企業の中間管理職、若手研究者、NPO理事など16名、徳島市、徳島県
  環境省高松事務所、四国運輸局(オブザーバー)
・目的
  徳島県におけるカーボン・オフセットに関する制度検討や取組の推進を行う。
・役割
  2009.11.6より、事務局運営をサポートする研究員として従事。
・研究員として従事後の実績
(1) 平成21年度第2回カーボン・オフセット推進検討会(平成22年1月17日)
(2) 平成21年度第3回カーボン・オフセット推進検討会・
とくしまカーボン・オフセットフォーラム(平成22年3月26日)
(3) J-VER技術者講習会(平成22年7月16日)

■老若男女が笑顔で参画する社会づくり
●三河湾環境チャレンジ<http://blog.canpan.info/mikawawan/
・役員 委員長
大塚耕司(大阪府立大学工学部教授・21世紀科学研究機構エコ・サイエンス研究所)
・目的
海から離れてしまった子どもたち、海との遊び方を知らないまま大人になってしまった保護者を対象に、海に触れ、海を知ってもらい、そして、海を誇りに思ってもらうよう、意識啓発をすることを目的としている。
・活動内容
愛知県蒲郡(がまごおり)市内の5つの小学校を対象に、子どもと保護者と一緒に海を感じる活動を実施。グリーンフロント研究所(株)としては4つの小学校に講師を派遣している。