企業の「SDGs」導入をサポートいたします。


SDGsとは?

SDGsは、「誰ひとり取り残さない」という理念のもと、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標です。

S=Sustainable(持続可能)
D=Development(開発)
Gs=Goals(目標)
の頭文字を取っています。

SDGsは、17のゴールと、具体的な目標である169のターゲット、230の指標で構成され、経済、社会、環境の3側面から成り立っています。 そして、これを2030年までに達成することを目標としています。 また特徴として、「バックキャスティングの考え方であること」「途上国だけでなく先進国も取り組むべき内容」であることが挙げられます。

 

なぜ今SDGsなのか

 

環境・社会・経済の持続可能性の危機
→私たちや将来の世代の生活を守るために取り組む必要がある

ビジネスの“ルールチェンジ“をもたらしている
→SDGsに取り組む企業がステークホルダーから選ばれる時代に

SDGsの特徴

普遍性:先進国を含め、すべての国が行動する

包摂性:人間の安全保障の理念を反映し、「誰一人取り残さない」

参画性すべてのステークホルダー(政府・企業・NGO・有識者等)が役割を

統合性:社会・経済・環境は不可分であり、統合的に取り組む

透明性:モニタリング指標を定め、定期的にフォローアップ

 

 

地域企業にとってのSDGs

SDGsは2つの側面を持っています。
リスク   チャンス

大手顧客からの受注減少

顧客企業の調達方針が厳しくなり、環境負荷が大きい、または厳しい労働環境のもとで供給されている製品・サービスに対する発注が減少

 

事業機会の創出・拡大

環境や人にやさしい製品・サービスを導入することで、大手顧客企業から支持され、売上の増加などにつながる

人材の流出

SDGsを反映した社会的価値の高い他社企業に惹かれて優秀な人材が流出してしまう、または採用できない

 

優秀・多様な人材・パートナーの確保

SDGsを反映した社会的価値の高い企業に惹かれて優秀な人材が定着する、または新たに集まってくる。賛同する企業やNPOなど新たなパートナーも現れる

グリーンフロント研究所㈱が、SDGs導入を支援します

3つの重要なポイントから、SDGs導入を支援いたします。

持続可能な社会の実現に貢献するビジネスモデルを考えること
 →CSV(社会との共通価値の創造:Creating Shared Value)を実現する21世紀型のビジネスモデル

将来のあるべき会社の姿を明確にすること
 →未来志向で理想像を描く

理想像に向かう道筋を考えること
 →特に、自社の知見・ノウハウでは解決できない課題をどうするか

 

上記を踏まえ「SDGs宣言」を行い、PR・発信へつなげるサポートをさせていただきます。

 

まずはお気軽にご相談ください!

 

 

お気軽にお問い合わせください。0564-47-7970受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]